シミができる原因と対策!ビタミンCの効果は?

同じ年代なのに自分より肌ツヤがいいうえに自分にはあるシミ1つないって人いますよね。
simi
20代30代ならまだしも、40代後半ともなってくるとそれなりにお肌も老化してきてそろそろアンチエイジングしなくちゃ…と思ってしまいますね。

普段はお化粧でシミもかなりカバーできますが、温泉旅行などでスッピンになった時などついつい同じくらいの年代の人がいたら肌を比べてしまいますね。

そして、え?何故そんなに肌がきれいなの?シミもないし!っていう人がいるのに気づきます。
ジミができやすい人の特徴を調べると以下のことがわかりました。

z9シミができやすい人の特徴

  • チェックリスト
  • 色白の人
  • 血流が悪い(冷え性
  • 乾燥肌
  • お手入れを毎日しない。
  • 生理不順ぎみ

加齢による老人性のシミは年齢と共に増加していきますし、色白の人は特に出来やすいので、常に注意が必要です。

シミに悩んでいる女性たちは、口をそろえて「昔はシミ一つない色白だったのに」と言いますね。最近耳にする「肝斑」も色白の人に発症しやすいと言われています。

血流の悪い人にシミができやすい原因はターンオーバーが乱れがちなことです。肌細胞が生まれ変わる働きが弱くなり、メラニン色素を溜め込みやすくなります。

メラニン色素こそがシミの原因になるので、紫外線対策は当然ながら、バランスの良い生活リズムを作っていくのも大事ですね。

また、冷え性の人は血流が悪い可能性が大きいです。血行が良くなるように、半身浴をしたり、食生活を改善するなどの工夫をするといいですね。湯舟に使っているときにリンパマッサージなどをするとより効果的です。

シミができる原因を知って、シミができる前からの対策は重要!またできてしまったシミは、連鎖する傾向があるので、二度とシミができなくなるように生活リズムを整えしましょうね。

z1シミができる主な原因や状態とは?

z30_5加齢やストレスにより活性酸素がたまっている。
z30_5肌のターンオーバーが正しくできていない(遅れている)。
z30_5栄養不足や食生活が乱れている。
z30_5運動不足、睡眠不足。
z30_5ホルモンバランスの崩れ

アウトドアやスポーツが好きと言う人は紫外線を浴びる量がしない人より断然多いのでシミができやすくなります。

シミができる時期は、夏の強い日差しがある最中よりは、暑い時期が終わり、少し落ち着いた秋になってから、突然シミが出てきているのに気づきます。

日焼けしてもシミにはならない、と安心していも、日焼けの後でできたシミに後悔することがあるので、やはりできる前からの対策が必要です。

もし、紫外線を浴びてしまったと思ったら、その日はしっかりと保湿をし、ホワイトニング化粧品を使って、シミ対策をしましょう。肌の乾燥は、シミの重要原因になるので、乾燥肌の人は普段よりしっかりと保湿をするのをおすすめします。

活性酸素が増える原因には、紫外線やアルコール、タバコ、ストレスなどが関係しています。日頃ストレスが多い人ほど活性酸素がたくさん生成されていることになります。

活性酸素が増えると肌細胞やコラーゲンなどが破壊されて、肌のターンオーバーが遅くなります。ターンオーバーが正常に行われないとシミができやすくなります。

活性酸素はせっかくの美白化粧品の効果も半減させてしまうので、増やさないように生活習慣を整えてることも必要ですね。

普段から座り仕事が多く、極度に運動不足な人は、血行不良になっているため、肌のターンオーバーも遅れがちです。運動をしっかりすると睡眠もよくとれ、肌のターンオーバーを規則正しくと改善する効果があります。

さて、活性酸素は加齢やストレスにより、たまっていきやすく肌への影響が大きいのですが、ビタミンCがこれを和らげる効果があり、スキンケアでもビタミンC誘導体の成分が入ったものを使うことで、直接肌から補給することができますね。

サイクルプラスのエンリッチローションには、新鮮なAPPSが配合され人気があります。シミや美白にも効果が高いので、普段から使うことで毎日、ビタミンCを補給できるようになり、正しいターンオーバーへと向かいます。

あわせて読みたい関連記事:

ヒト型セラミド入り化粧品の効果
ヒト型セラミド入り化粧品の効果やセラミド成分の種類とその違いのまとめ。