アトピー肌改善にセラミドのバリア機能も有効!

セラミドの保湿作用は、沢山の実験で、明かされていて、実際に、食品からの補給でも肌への効果が高いんです。

セラミドが肌の奥に届くまで

消化管⇒血液内⇒血中⇒毛細血管⇒角質層に取り込まれる

アトピー肌 セラミドそして、結果、角質層の保水機能やバリアー機能がよくなり、スキンケア効果が高いと発表されているんです。

ただ、セラミドを含むこんにゃくは、どうしても、化合物が多く、天然のこんにゃく芋から作られているものは手に入りにくくなってしまっています。(こんにゃく粉から作られているものはほとんど中国産)

バリアー機能UP

私たちの皮膚は常に、外からのいろいろな刺激を受けています。セラミドを定期的に補給していくことで、皮膚のラメラ構造や水分の蒸発や有害物侵入を止めてくれるバリアー機能が強くなるんです。

これが、様々な皮膚炎の軽減にも役立っていると研究でも発表されています。アトピー肌にもこのセラミドが役に立つというデータもあるので、普段からセラミド入りのスキンケアを利用していくのがいいですね!

あわせて読みたい関連記事:

ヒト型セラミド入り化粧品の効果
ヒト型セラミド入り化粧品の効果やセラミド成分の種類とその違いのまとめ。