30代から気を付けたいスキンケアは? おすすめ基礎化粧品の選び方

30代になると、目じりの小じわやぽつぽつとしたシミが目立つようになってきます。

歳をとると、肌のターンオーバー力ホルモンバランスは若いころとは変わってくるものです。

まだまだ大丈夫!と思って若いころと同じスキンケアを続けていると、肌に大きな負担がかかってしまうかもしれません。

30代前半は女性ホルモンが安定して分泌されているので大きな肌トラブルがありません。

しかし30代も半ばを過ぎるとだんだんと女性ホルモンの分泌量は少なくなり、乾燥やしみ・しわなどの老化現象が現れ始めます。

この時に適切なスキンケアに切り替えないと、後に続く40代・50代の肌の老化をどんどん加速させてしまいます。

 30代になったら気をつけたいスキンケア

  1. 30代の保湿は変えるべき?変わりやすい肌状態にあった保湿剤を使い分けるのがベスト!
  2. 30代で使うべき洗顔料ってどんなもの?皮脂のとりすぎは老化を招く!?
  3. 30代はこれまで以上の紫外線対策を!紫外線が肌を老化させるメカニズムは?対策はどうすればいい!?

30代の保湿は変えるべき?変わりやすい肌状態にあった保湿剤を使い分けるのがベスト!

20代の頃よりも、仕事に子育て、家事など生活面が充実してくる30代は、ストレスや睡眠不足などで肌トラブルが起こりがちです。

さらに30代後半になると女性ホルモンの分泌量が減少して、肌が乾燥したり張りがなくなったりといった肌トラブルもプラス!「もうお手上げ!」状態になってしまうかもしれません。

そんな時に必要なのは、臨機応変な保湿ケアです。

20代の頃は1種類の保湿剤だけで肌を健康に保てていたという人も、30代になったら肌の状態によって保湿剤を使い分けるのがおすすめです。

 30代の保湿剤の使い分け

  • 乾燥が気になる時・・・「セラミド」がたっぷり配合されたもの
  • 肌の張りが気になる時・・・「コラーゲン」がたっぷり配合されたもの

セラミドやコラーゲンたっぷり!アンチエイジングもできるアスタリフト!

pack忙しくて保湿する時間がない!と言う人には保湿タイプのシートマスクがおすすめです。

お風呂上がりの乾燥した肌にピタッと張っておくだけで肌を保湿することができ、その間に子供のお世話や家事を行うこともできるので、時間がない女性にはピッタリです。

安いマスクなら1回30円ほどしかかからないので、家計に負担をかけずに保湿ケアすることができますよ。

また、30代後半になったら気にしたいのが「アンチエイジングケア」です。

ビタミンC等のアンチエイジング作用の強い成分を多く配合した美容液をいつものスキンケアにプラスするだけで、肌をみずみずしく保つことができます。

30代で使うべき洗顔料ってどんなもの?皮脂のとりすぎは老化を招く!?

肌の老化を招く大きな原因の一つが「肌の乾燥」です。

洗顔は肌への負担が大きく、皮脂をとりすぎてしまうと肌の乾燥を起こしてしまいます。

皮脂の分泌力が落ちる30代半ば以降は、洗顔料や洗顔方法も見直さなくてはなりません。

これまでと同じ洗顔料を使っているのにだんだんと肌が突っ張るようになってきたという人は、肌が乾燥してきている証拠です。

 乾燥を防ぐための30代で使う洗顔料

  • 保湿成分が配合された洗顔料
  • アンチエイジング作用がある洗顔料

 30代以降の洗顔で絶対にやってはいけないことと正しい洗顔方法

やってはいけないこと
正しい洗顔方法
ごしごしと顔をこする 良く泡立てた洗顔料で優しく肌を洗う
32度以上のお湯で顔を洗う 30度から32度のぬるま湯を使う
タオルでごしごしと拭く タオルで包み込むようにポンポンと水分を吸収する

30代はこれまで以上の紫外線対策を!紫外線が肌を老化させるメカニズムは?対策はどうすればいい!?

紫外線は活性酸素を作ってシミ・しわ・たるみの原因になります!

肌を老化させる一番の原因は紫外線です。

肌のターンオーバー力が弱ってくる30代以降は、これまで以上に紫外線対策をする必要があります。

 紫外線対策

  • 年中通して日焼け止めを塗る
  • 日中は日傘を持ち歩く
  • つばの大きい帽子をかぶる
  • 夏場も1枚カーディガンを羽織る など

子供の遊びや仕事の外回りなどで外に出る機会が多くなる30代、これから続いて行く40代・50代のお肌のためにも紫外線対策を心がけるようにしましょうね。

30代は生活が忙しくなるとともに女性ホルモンが減少し出す頃なので、肌トラブルが多くなる年代です。

20代の頃と同じスキンケアでは肌の老化を抑えることが難しくなるので、30代にあったスキンケアを始めるようにしましょうね。

紫外線やくすみが気になる?美白できるホワイトニングスキンケア

あわせて読みたい関連記事:

ヒト型セラミド入り化粧品の効果
ヒト型セラミド入り化粧品の効果やセラミド成分の種類とその違いのまとめ。