出来てしまったシワの対策★早めならまだ改善可能♪

いつものようにお化粧をしていたらふと目尻のシワに気づくことってありますよね。

skin2820代では考えられなかったことでも、30代半ばになれば止まるところを知りません。

これを食い止めるにはお手入れ次第なので、気が付いたら早く対処するのがオススメです。

シワは見つけた時にすぐ対策するのが一番です。まずは、シワにならない予防策をチェックします。

    z9シワを作らないための対策

    skin26

  • 乾燥肌にならないようにする
  • 洗顔と保湿はしっかりとする
  • 日焼け止め対策を習慣にする
  • 顔の筋肉を鍛える
  • お風呂でたっぷり保湿
  • 肌着や寝具にも気を使う
  • ビタミンCを摂る

シワの大敵はなんといっても乾燥なので、乾燥肌の人はシワができやすいのです。普段から、万全の乾燥肌対策をしていかないといけません。

乾燥肌にならないためには、保湿は常識で、お勤めしている人で常にエアコンの中にいる人でも、時折、ミストを化粧した肌の上からスプレーするなどしていくのも結構影響があるので、やっていない人は普段から試していくといいでしょう。

さて、できてしまった小じわですが、シワ専用の美容エッセンスがいろいろなメーカーから出ているので、普段のお手入れセットに加えて使うのも効果的です。

z23シワ専用の美容エッセンスの選び方は?

  • 乾燥由来のシワ対策
  • ヒアルロン酸やコラーゲンなど保湿成分

  • 笑いじわなどの表情じわ
  • アルジルリンやオクラ種子エキスなどの成分

  • 紫外線や肌ストレス
  • ビタミンAやビタミンCなどの抗酸化作用を高める成分

以上のようにシワのでき方によって成分を選ぶといいですが、最近では目元専用美容液というのがほとんどのメーカーから出ているのでこれを利用してもいいでしょう。

ヒアルロン酸やコラーゲン入り美容液!ナノ化成分で直接小じわ肌に浸透します。返金保証があるから安心です。
目元ケア

日焼け肌はシワを加速させる

乾燥肌には日焼けはNGです。紫外線対策には日焼け止めが有効ですが、なかには日焼け止めクリームが苦手な人もいます。そんな人は以下のような対策をしましょう。

z1紫外線対策

    skin29

  • つばの広い帽子をかぶる
  • 日傘を使う
  • サングラスをかける
  • 紫外線の強い時間帯の外出を避ける

乾燥肌が進むと肌の角質が硬くなり弾力が失われて顔の筋肉も衰えてきます。、小鼻から口元にかけてのほうれい線がその例です。この顔の筋肉を老化させない方法として、表情筋を動かして鍛えることも大切です。

乾燥肌をうるおすのに最適なのが入浴です。保湿効果やスキンケア効果がある入浴剤を使うと効果的です。肌の乾燥を防ぐために、肌着や寝具も重要です。肌着は肌ざわりが良くて、吸水性のよい綿や絹で常に清潔な状態でいるのがベストですね。

寝具は冬場の電器毛布などは水分を奪ってしまうので気を付けましょう。ビタミンCは言わずと知れた肌には良い成分ですね。ビタミンCは、肌細胞を活性化させるので積極的に摂りたいですね。

初めてシワを見つけた時は、このくらい大丈夫って思いがちですがほおっておくとシワはどんどんと増えていきます。シワはまだ若いから大丈夫ということはありません。

シワになりやすい生活習慣をしている人は1つでも見つけるとヤバイ!と思って、今日からでもできることからまず始めてみてはいかがですか?シワができる前に予防をしっかりしていればいつまでもシワのない肌でいられますね。

あわせて読みたい関連記事:

ヒト型セラミド入り化粧品の効果
ヒト型セラミド入り化粧品の効果やセラミド成分の種類とその違いのまとめ。