ヒト型セラミド化粧品は敏感肌に最適!ヒト型セラミドのスゴイ効果とは?

 ヒト型セラミドは、酵母を使って人工的に生成したものがほとんどだけど、敏感肌や乾燥のひどい人に良い効果を与えてくれます。

セラミドとターンオーバーヒト型セラミド化粧品として人気の化粧品は今すごく増えていますが、特に有名なのが富士フィルムとディセンシアでしょう。
 
 
 

富士フィルムのナノテクノロジー富士フィルムの研究所では独自の開発を進めていて、2010年に、人の肌にあるセラミドと全く同じ型のヒト型セラミドをナノ化し、敏感肌に有効なセラミドを奥深くまで届けることに成功!

その前後には、赤い成分アスタキサンチンナノ化ナノリコピンも開発し、ダメージ肌に効果的なアスタリフトが誕生!

ジェリーアクアリスタセラミドだけ補給したい人は、先行型美容液「アクアリスタ」でOK。

更に、アスタリフトの基礎化粧品まで揃えれば、抗酸化作用の高い成分が極々小さくなって毛穴からスッと入るので、肌のダメージや衰え(シミや小じわなど)が早く改善させるのにオススメ!

アスタリフト 効果最後のクリームまでつけると肌が朝まで吸い付くような潤いで、翌日の肌がずっともちもちしています。

アスタリフトの成分

  • アスタキサンチン・・肌のシミやシワの原因の「酸化」を抑える
  • リコピン・・アスタキサンチンの美肌パワーをアップ、肌の働きをサポート
  • コラーゲン・・不純物を削ぎ落とし長期間成分を安定させる

セラミドスキンケアお試しセット

また、ポーラ化粧品の製品を開発するポーラ研究所が特許技術として作った「ヴァイタサイクルヴェール」もスゴイんです!

臨床実験結果で、敏感肌の人の肌に大きな効果があったのを確認!この特許成分が入ったディセンシア アヤナスのクリームは使ってみたら実感できる十分な保湿感があります!効率よく肌に浸透させる

ヴァイタサイクルヴェールの特許技術とはなに?

  • 外部刺激を完全にブロックできる機能
    (顕微鏡で見るとわかるが粒子が瓦のような平たい板のような並びの製法)
  • 肌本来の活力を高めてくれる
    (粒子にそれぞれセラミドがくっついている)

さっそくディセンシア アヤナスのトライアルセットを詳しく見る!↓

アヤナストライアル 申込み

セラミドってなに?どんなセラミドがいいの?

セラミドの配列がダメージ肌へ

ヒト型セラミドは、人間がもともと持っているセラミドと同じ構造を持っていて、刺激が少ないので、敏感肌の人におすすめです。セラミド2、セラミド3などセラミドの後に番号がついているものはヒト型セラミドです。

セラミド1セラミド2セラミド3
セラミド6が、人の肌にあるセラミドと同じ構造となっています。

また、セラミド入りの基礎化粧品のヒト型セラミドがですが、さらに効率よく肌に浸透させることができるよう、セラミドの分子を通常の20分の1という小ささまでナノ化します。

粒が小さいので、毛穴からすっと入っていき浸透してくれます。同じセラミド成分でもナノ化しているのとそうでないのでは、浸透率がかなり変わるので、注意して選びましょう。

ナノ化の利点

  • 角層のすみずみまで行きわたる
  • 乾燥肌の保湿効果を上げる
  • 肌のバリア機能が高まる

 
このようにヒト型セラミドを更に小さくすることで、人の肌内部の成分として、なじみ易く、肌ダメージの補修も早く進むとい効果があるんですね。

ナノ化されたヒト型セラミド配合スキンケアセット

セラミドスキンケアお試しセット

質にこだわるなら”ヒト型”

ヒト型セラミドの種類は細かくすると11型もあります。
・セラミド1(主に水分保持とバリア機能)
・セラミド2(保湿)
・セラミド3(シワの抑制)
・セラミド6&6II(ターンオーバーの促進)

などが化粧品に含まれているヒト型セラミドです。

 セラミド入りの化粧品を選ぶ時の注意点
deccenciaセラミド入りの化粧品を購入するときは、商品販売サイトやパッケージなどを見て「ヒト型セラミド」と表示されているものを選ぶのがコツ。

あわせてナノ化セラミドもチェックしましょう。ナノ化されていないセラミドとの浸透力の違いが数倍から10倍もあります。

ナノ化しているかどうかを調べるには、そのメーカーサイトをチェックし、ナノ化していると書いてあるかどうかで判断すればいいでしょう。

一般的には、ナノ化したセラミドでない場合は、その情報をあえて書いていません。浸透力がだいぶ違うので、ナノ化できたセラミドなら、アピールしないことはまずあり得ないのです。

ナノテクノロジーを開発した富士フィルムについて

ナノ化セラミド配合ディセンシア化粧品比較はこちら

あわせて読みたい関連記事:

ヒト型セラミド入り化粧品の効果
ヒト型セラミド入り化粧品の効果やセラミド成分の種類とその違いのまとめ。