綾瀬はるかさんみたいな素顔美人になるテクニック

美しい芸能人の中でも、トップクラスの肌の美しさを持つ女性と言えば綾瀬はるかさんですよね。

現に彼女は、プロのメイクさんが選ぶ美肌を持つ芸能人ランキングでも2位以下に圧倒的な大差をつけて堂々の1位に輝いています。

綾瀬はるかさんが広告塔を務めるSK2のイベントでは、最新の肌年齢測定器でアラサーにもかかわらず19歳と言う驚きの肌年齢をたたき出したことは、もはや伝説になっています。

そんな綾瀬はるかさんですが、実は特別な美顔器や高級なエステには通わず、自宅ケアだけであの素顔をキープし続けているんだそうです。

そんな彼女のモットーは「特別なことはしない。小さなことをこつこつと毎日積み重ねる」ということ。

 綾瀬はるかさんが実践しているスキンケア方法

  1. 化粧水はケチらず使用!素顔美人は保湿を怠らない!
  2. 余分な皮脂は落とさない!数多くの芸能人が実践する水洗顔とは?
  3. メイク汚れはその日のうちにオフ!素顔美人はクレンジングの手を抜かない!
  4. 体の中から美肌を作る!素顔美人を作るのはフルーツと野菜!?

化粧水はケチらず使用!素顔美人は保湿を怠らない!

みずみずしい肌を持つ綾瀬はるかさんですが、実はその素顔はかなりの乾燥肌なんだとか。

そんなか彼女が決して怠らないのが毎日の保湿です。

化粧水は絶対にケチらず、「入れ、入れ」と念じながら肌につけ、コットンパックも欠かさずに行っているそうです。

実はこのコットンパック、簡単にできて保湿力が高いとすごく人気がある方法です。

コットンに垂れるぎりぎりまで化粧水をしみこませ、肌にのせるだけの簡単ケアが魅力です。

 コットンパックの注意点

  • 長時間放置しない
  • 化粧水はたっぷりしみこませる(カラカラコットンでは行わない)
  • コットンパックの後は、乳液やクリームでふたをして水分の蒸発を防ぐ


余分な皮脂は落とさない!数多くの芸能人が実践する水洗顔とは?

綾瀬はるかさん以外にも、梨花さんや黒木瞳さんなどそうそうたる芸能人が実践しているのが朝の水洗顔です。

朝に顔についている汚れは、ほこりや皮脂がほとんどで、洗顔料を使わなくてもぬるま湯で顔を洗うだけで汚れを落とすことが出来ます。

朝の洗顔料を使っての洗顔は、皮脂を必要以上に洗い流して乾燥肌を悪化させる原因!

遺伝的に皮脂の分泌が多いなど特別な場合は別ですが、朝の洗顔は水洗顔で済ましてしまうのがおすすめです。

メイク汚れはその日のうちにオフ!素顔美人はクレンジングの手を抜かない!

skin51綾瀬はるかさんはどんなに仕事が忙しい時でもメイク汚れを落とさずに眠ることはしないそうです。

ついついメイクを落とさずに眠ってしまうこと、女性なら誰しも経験があるはずです。

でも、メイクを落とさずに眠ってしまった翌日は、眼に見えて肌がくすんでしまっていますよね。

綾瀬はるかさん流のクレンジングは、オイルかクリームでメイク汚れを落とした後洗顔をするといういたってシンプルな方法。

素顔美人になるためには、特別なことをするのではなく、基本を守ることが大切なんですね。

体の中から美肌を作る!素顔美人を作るのはフルーツと野菜!?

素晴らしい美肌を持つ綾瀬はるかさんでも、時には肌のくすみを感じることがあるんだそうです。

 肌のくすみ対策

  • フルーツジュースをのむ
  • 野菜を食べる

フルーツジュースをのむ

フルーツの効果

  • 肌を美しくする・・・ビタミンB・ミネラル
  • 抗酸化作用・・・・・ビタミンC・ポリフェノール

肌に良いフルーツが何種類もブレンドされたフルーツジュースが肌に悪いわけありませんよね。

毎日フルーツを食べることが難しい人は、果汁100%のフルーツジュースを小腹がすいたときに飲むといいですよ。

野菜を食べる
yasai食物繊維やビタミン、ミネラルを多く含んだ野菜は、デトックス作用が強く体の内側から透き通った肌を作ってくれます。

もともと野菜農家出身の彼女ですから、小さなころから野菜が肌を美しくすることを知っていたのかもしれませんね。

特別なことをしなくても綾瀬はるかさんのような素顔美人になれたら、とっても嬉しいですよね。

でも、小さなことをこつこつと続けるのって、意外と大変なんです。

綾瀬はるかさんの肌は、そんな努力をつみかさねた賜物と言えますね。

一度美しい肌を手に入れれば、モチベーションもやる気も上がってきます。

それまでは「今日ぐらいいいか」と言う気持ちは引っ込めて、肌にいい習慣を続けるように頑張ってみましょうね!

ビタミンCたっぷりで保湿できる化粧水

あわせて読みたい関連記事:

ヒト型セラミド入り化粧品の効果
ヒト型セラミド入り化粧品の効果やセラミド成分の種類とその違いのまとめ。