乾燥肌や敏感肌にセラミド化粧品がいい理由とは?

冬はもちろん夏でもエアコンなどで乾燥肌で悩んでいる人は化粧品選びに苦労します。

skin1高価な化粧品だからいい成分が入っていると使ってみたらヒリヒリしたり、赤みを帯びたり・・・また失敗したぁ~と嘆くこともしばしばありますね。

でも何もつけなければもっと肌は乾燥してしまいます。乾燥肌がすすむと、肌が本来持っているバリア機能が衰えてしまいます。

そしていろんな刺激がダイレクトに肌を傷つけてしまいます。その結果、ちょっとの刺激や体調不良で過敏に反応してしまう敏感肌になってしまいます。つまり乾燥肌の人は乾燥性敏感肌になる可能性が大きいんです。

乾燥性敏感肌に効果があるのはセラミドです。敏感肌用の化粧品には必ずと言っていいほどセラミドが配合されています。なのでお値段も少し高めになっています。それはセラミドが安価なものではないからです。

セラミド化粧品を選ぶポイントはなんでしょうか。

z26品質の良い成分を選ぶz32
z26有名な成分を選ぶ

品質の良い成分を選ぶについては、成分同士の相性の良さと、商品としての完成度の高さ(保湿効果の高さ)などで、成分を選ぶとよいでしょう。

有名な成分を選ぶについては、最近よく耳にする「無添加化粧品」や「オーガニック化粧品」などあいまいな言葉に左右されないようにします。やはりよく耳にする成分のほうがいいですよ。

化粧品と一言いってもで粧品の種類は、たくさんあります。基礎化粧品だけでも以下のようなものがあります。

・洗顔石けん
・メイク落とし(クレンジング)
・化粧水skin21
・乳液
・美容液
・メイク下地
・ナイトクリーム
・栄養クリーム
 など

多くの人は、いろんな基礎化粧品を使ったほうが潤ってキレイになると信じています。実際は逆です。いろんな基礎化粧品を使っても、肌トラブルが改善するわけではありません。逆にもっと肌にトラブルを招いてしまうかもしれません。敏感肌ならなおさら注意が必要です。

基礎化粧品を使う目的は実は保湿です。肌の一番表面にある角質層が潤っているかどうかで、肌のキメやなめらかさは決まってきます。なので角質層にきちんと水分保持することが大切なんです。セラミドは、肌表面の水分蒸発を防いでくれます。

つまり保湿効果があるわけなんです。これで乾燥肌や敏感肌の人がセラミド配合の化粧品を使った方がいいという理由がわかりますね。

あわせて読みたい関連記事:

ヒト型セラミド入り化粧品の効果
ヒト型セラミド入り化粧品の効果やセラミド成分の種類とその違いのまとめ。