合成セラミドとは?

 合成セラミドは、基礎化粧品に使われているセラミドのほとんどがこれに当たります。

ディセンシアトライアル名前だけ聞くとどうもニセモノっぽい印象を抱いてしまいそうですが、合成セラミドは、成分自体は合成されて作られているんですが、その構造を天然セラミドのように似せて作られたもののことを言います。

「天然型」「活性型」「ヒト型」セラミドと呼ばれるのは、ぜんぶこの合成セラミドにあたります。成分名にはセラミド1やセラミド2、セラミド3などの数字がつきます。

hada2擬似セラミドは、成分は合成で作っているとことが同じだけど、構造は特に似せていないため、分類は疑似セラミドになり、比較的他のセラミドよりも安価で買えるのが特徴です。

天然型ヒト型セラミドのすすめ

  • 浸透力が良く保湿性高い
  • 酵母などの菌から作り天然にかなり近い。
  • ナノ化することによりより浸透効果!

あわせて読みたい関連記事:

ヒト型セラミド入り化粧品の効果
ヒト型セラミド入り化粧品の効果やセラミド成分の種類とその違いのまとめ。