肌の保湿にはセラミド配合化粧品!デメリットはある?

化粧品を選ぶときどんな基準で選びますか?

セラミド オールインワンゲル価格で選ぶ人もいれば、配合されている成分をしっかりと確認して選ぶ人、CMなどで売れている商品を選ぶ人と人それぞれかもしれません。

どんなによいものでもメリット・デメリットがあります。そんな中、化粧品成分にセラミドがあります。

セラミドというと優れた保湿成分と言われていますが、実際のところデメリットってあるのでしょうか?

セラミドの効果についてはデメリットは特にないと言ってもいいでしょう。もちろんきちんとしたセラミドが配合されている場合ですが、たまに擬似セラミドなどが配合されていると効果は弱くなります。

普通のセラミド配合美容液を使っていれば文句なしの保湿効果があります。しいてセラミドのデメリットと言うならば「価格が高い」ことです。セラミド配合美容液であれば、3000円~10000円くらいが目安です。

そんな中でかなり安いセラミド化粧品を見つけたりします。それはもしかしたら、偽者のセラミドかもしれませんよ。偽者があるというのは高価なものの宿命のようなものですが、偽者のセラミドに騙されないようにしましょう。

偽者セラミドの見極め方
z30_2成分表示に注意する
z30_2価格に注意する

成分表示に注意するについては、セラミド化粧品を使う時は必ず成分表示をしっかりと確認しましょう。「セラミド○○」みたいな変わった名前が表記されているのは偽物と思いた方がいいです。

例えば「スーパーセラミドファクター」や「セラミド○○」系などいかにもセラミドですみたいに表記されています。本物のセラミドは「セラミド1」、「セラミドⅡ」のように「セラミド+数字」の表記になっているので覚えておくといいですね。

安いセラミド化粧品に手を出すときは、一応表記を確認することをおすすめします。

価格に注意するについては、他の保湿成分に比べると少々価格が高いです。たまにすごく安いセラミド配合の化粧品を見かけますが極端に濃度が薄い可能性があります。

濃度が薄ければ安いのは当たり前ですが、保湿効果はその分低いということです。商品に含まれている濃度は普通公開されないものなので、価格で濃度の目安をつけることも必要です。

通常セラミド配合の美容液なら3,000~10,000円ですが、 これより安いものは低濃度の可能性が大で、高いものはどこか余計なところでお金が掛かっていると考えていていいですね。

決して安かろう悪かろうという訳ではありませんが、セラミド配合化粧品においてはそれなりの相場の価格の商品を選んで購入する方が無難ですし、効果も期待できます。

あわせて読みたい関連記事:

ヒト型セラミド入り化粧品の効果
ヒト型セラミド入り化粧品の効果やセラミド成分の種類とその違いのまとめ。