必見!朝と夜のお手入れがなぜ必要なのか

肌のお手入れをする時、真剣にするのはいつかと言ったらやっぱり夜が多いのではないでしょうか?
asatoyoru
朝は何かと忙しいのでどうしても必要最小限のお手入れになってしまいますね。

クリーム1つをあげてみても朝はデイクリーム夜はナイトクリームと使い分けたりします。

人は「朝は活動する」「夜は寝る」といった感じで、相反した行動をしています。お肌も、その人の行動や活動にあわせて変化して、色々な働きをします。昼と夜は目的が違うので、肌ケアもそれぞれにあわせて変えるのがいいですね。

まず昼と夜とでは肌はどう違うのでしょうか?

昼と夜の肌の役目
z26昼の肌・・・紫外線や乾燥などの刺激から肌を守る
       皮脂を出して肌を保護する
       汗を出して体温調節をする
       神経で感じた刺激を脳に送る
       新陳代謝は行われない

z26夜の肌・・・成長ホルモンが分泌される(夜10時~2時)
       昼間に受けたダメージを修復する
       新しい細胞を作る
       老廃物を流す

朝と夜を比べると明らかに役割が違うのがわかりましたか?昼間は”身体を守る”で、夜は”生まれ変わる”がメインなんですね。早く言えば昼と夜では反対の役割に働こうとするので、当然お手入れ方法は違っていいわけです。

朝のお手入れは、昼の身体を守るための準備をするということになります。

アンチエイジングの保湿方法!朝と夜は保湿方法が違う!

朝と夜のお手入れ方法
z26朝のお手入れ・・・保湿をしっかりする
          活性酸素から肌を守る
          紫外線対策
          花粉やほこりから肌を守る

z26夜のお手入れ・・・保湿をしっかりする
          肌の代謝をサポートする
          古い角質を取り除く

          
朝と夜のお手入れに共通なのが「保湿」です。でも、同じ保湿でもちょっとだけ違うのが、「保湿の目的」なんです。朝は乾燥などから守るためにしっかり保湿、夜は昼間失った水分をしっかり補うために保湿なんですね。

特に古い角質を取り除くのに、即効性があるのが「ピーリング」で、夜のお手入れにおすすめです。古い角質を取り除くと「代わりの新しい細胞を作ろう」というスイッチが入って、新陳代謝が活発になります。

でも肌にいいからといって、毎日してはいけませんね。あと、炎症を起こしているアレルギーぎみのお肌にもタブー。敏感肌には、とにかくきちんとした洗顔とたっぷりの化粧水、そして乳液やクリームでしっかりと保護してください。

マッサージ」も肌の代謝アップや活性化に有効で、刺激の少ない、毎日行っても大丈夫なタイプもあるので、そうゆうものから始めてもいいでしょう。

保湿に大切と言って、ただ化粧水をバシャバシャとたっぷり使ったから水分が肌に浸透するというわけではありません。より効率的に肌に浸透させるためにどんな成分が必要なのかを、きちんと見極めた上で化粧品を選ぶのが重要です。

z9効率的に肌に浸透する化粧水の特徴

z30_2天然成分で人の肌になじみやすいものを使っている
z30_2成分がナノ化され毛穴に自然に入っていくもの

z1ピーリングやマッサージを行う上での注意

古い角質を取り除くと肌はとてもデリケートになるため、翌日の行動に注意しましょう。紫外線や空調などの影響で刺激が多い昼間で、肌が突っ張ったり、乾いたりなどの違和感に要注意。

外出中にも保湿を補えるスプレー式化粧水などを持ち歩くとよいでしょう。

あわせて読みたい関連記事:

ヒト型セラミド入り化粧品の効果
ヒト型セラミド入り化粧品の効果やセラミド成分の種類とその違いのまとめ。