乾燥肌を治す方法は?年中肌が乾燥する人に効果テキメン!

空気が乾燥する冬は肌が乾燥しやすくなりますが、実は冬だけではなく、年中乾燥肌に悩んでいる人って、意外と多いんです。

乾燥肌すぐに治す
乾燥肌になると、肌がごわごわして化粧ノリが悪くなったり、化粧水をつけるだけでぴりぴりとした痛みがあったりと、女性にとっては結構つらいですよね。

もしかしたらその乾燥肌、間違ったスキンケアが原因で起こっているかもしれません!

「自分は乾燥しやすい肌質だから」とあきらめる前に、乾燥肌を治すスキンケアを実践してみましょう。
もしかしたらこれまで悩んでいたのがウソだったかのように、乾燥肌が改善するかもしれませんよ!

項目をクリックすると、特集記事に直接飛びます。興味ある内容から、始めて3か月以上継続してみるところからやってみるといいですよ。

乾燥肌を治す方法の第一歩は洗顔の見直し!洗顔のし過ぎは乾燥肌の最大の原因!

洗顔の後に顔が突っ張ったような感覚になることってありますよね?

実は「乾燥肌を悪化させていますよ」というサインです。

間違った洗顔を続けると・・・

  • 乾燥肌や脂肌の原因・・・必要以上に顔の皮脂を取ってしまう
  • 老化の原因・・・・・・・顔に負担をかける

間違った洗顔をするくらいなら、いっそ洗顔なんてしない方がよっぽど肌には効果的です。

それだけ肌に負担をかける洗顔ですから、乾燥肌に悩む方は是非、正しい洗顔方法を身につけましょうね!

 正しい洗顔方法のポイント
 手を清潔にする
 温度は32度程度のぬるま湯
 洗顔料は良く泡立てる
 長く洗顔しない
 タオルで顔を包み込むように水分を取る

手を清潔にする
手には雑菌がたくさんついているので、顔を開始するようにしましょう。

温度は32度程度のぬるま湯
30度前後で顔の皮脂がお湯に溶け始めるので、あまりにも熱いお湯で洗顔を行うと必要以上に皮脂が流れてしまい、乾燥肌を悪化させてしまいます。

洗顔料は良く泡立てる
洗顔料は手やスポンジでふわふわの大きな泡になるまで良く泡立てます。

その泡を両手にとり、Tゾーン→頬→目や口の順に、皮脂の多い部分から洗っていきます。

この時、手が直接肌に触れないように、泡で優しく肌を包み込むように洗いましょう。

長く洗顔しない
長く洗顔するのは肌に負担になります。

1分程度で洗顔を終え、ぬるま湯で20回から30回、泡がなくなるまで洗い流します。

こめかみや顎の下などは泡が残りやすいので、意識して洗うようにしましょうね。

タオルで顔を包み込むように水分を取る
清潔なタオルで顔を包み込むようにポンポンと水分を取ります

肌はこすらずタオルで水分を吸収させるようなイメージで優しく肌に当てましょう。

乾燥肌が治らない人は、洗顔方法を見直してみるといいですね。

化粧水は何を使う?ピッタリの化粧水が乾燥肌を治す方法に!

乾燥肌は、肌が弱って水分を保持することが出来なくなっているのが原因です。

肌の水分保持に一番重要なのが、肌の角質層にある「細胞間脂質=セラミド」です。

セラミドが少なくなると・・・

  • 角質層の水分が減る
  • 肌の水分を閉じ込めることが出来なくなる
  • 必要な水分がどんどん外に出ていってしまう

セラミドを効果的に肌に補給するには、化粧水で直接肌に補給してあげるのが確実です。

ただ、セラミド分子の大きさが肌の隙間を入っていけるほど小さくありません。

なので単にセラミドを配合している化粧水ではなかなか角質層までセラミドを届けることが出来ません。

セラミドを小さく分解した「人型ナノセラミド」「ナノセラミド」を配合している化粧水を選ぶようにすると、効率よく肌にセラミドを補給することができますよ。

乾燥肌が治らないという人は、セラミドが配合された化粧水を選ぶようにしましょうね!

乾燥を治す方法は食生活にあり!乾燥肌の時に食べたい食材は?

食事は、体を作る最も重要な要素です。

もちろん健康な肌を作っているのも、食事から摂取された栄養素がほとんどです!

食生活に気を付けることで、乾燥肌を改善することができます。

 乾燥肌を改善する栄養素

  • 必須脂肪酸・・・全身の細胞を作る
  • 亜鉛・・・・・・皮膚を整える
  • ビタミン類・・・体の血行や代謝を促進する

必須脂肪酸
必須脂肪酸が不足すると肌のターンオーバーを乱れさせ、どんどん乾燥肌を悪化せてしまいます。

魚介類や上質な油を摂ることで必須脂肪酸の不足を防ぐことができます。

亜鉛
皮膚を整える作用が強い亜鉛の不足も乾燥肌の悪化を招きます。

亜鉛が豊富に含まれる牛肉や牡蠣をとると、亜鉛不足を防ぐことができます。

ビタミン類
体の血行や代謝を促進するビタミン類は、肌を健康に保つ非常に重要な役割を持っています。

  • ビタミンA・・・レバーや緑黄色野菜
  • ビタミンC・・・柑橘類やトマト
  • ビタミンE・・・いくらなどの魚卵

これらのビタミンを摂取することで、肌のターンオーバーを整え、乾燥肌を改善することができます。

体を作る栄養素は食事から摂取するのが一番ですが、どうしても難しい場合は、サプリメントなどを活用するのもいいでしょう。

睡眠不足にストレス…乾燥肌を悪化させる生活習慣を見直そう!

 乾燥肌を悪化させる生活習慣

  • 睡眠不足
  • ストレス

睡眠不足

深い眠りの最中には、成長ホルモンと呼ばれる細胞を活性化するホルモンがたくさん分泌されます。

特に22時から2時は肌のターンオーバーが活発になる肌のゴールデンタイムです。

この時間帯に上質な睡眠をとることで、肌を健康的に生まれ変わらせることができます。

ストレス

 ストレスによる悪影響

  • 全身の血行が悪くなる
  • 栄養の吸収が悪くなる
  • 全身の機能を悪化させる

一日に一回、ストレスを感じない趣味の時間、リフレッシュする時間をとることでストレスを緩和することができます。

最近ストレスが溜まっているな、と感じたら意識してリフレッシュするようにしましょうね。

年中乾燥肌に悩む人は、もしかしたら普段の生活で、無意識に乾燥肌を悪化させるようなことを繰り返しているのかもしれません。

肌に優しいスキンケアや食事、生活習慣を改善することで乾燥肌が一気に良くなることもあります。

乾燥肌が治らないときは、一度普段の生活を見直してみてくださいね!

セラミドが減る原因と対策!

あわせて読みたい関連記事:

ヒト型セラミド入り化粧品の効果
ヒト型セラミド入り化粧品の効果やセラミド成分の種類とその違いのまとめ。