シミのレーザー治療でクリニックでかかる費用の相場

シミ取りにはレーザー治療が効果的です。

hiyo家庭用レーザー治療器は、クリニックの医療用に比べたら出力が弱めなので、シミを消すにはある程度の期間がかかります。

クリニックでのレーザー治療だと効果も早くわかるので、シミで悩んでる人は、是非とも通って試してみるといいでしょう。

さて、気になる料金ですが、なくしたいシミの大きさによって金額がかなり変わってきます。

shurui

Qスイッチルビーレーザーは約20年前から行われているレーザーで肝斑以外のほとんどのシミやソバカス効果があります。

Qスイッチアレキサンドレーザーは、局所部分のレーザー治療に向いています。Qスイッチヤグレーザーは唯一肝斑の治療が出来るレーザーです。

ほかにもレーザー治療の種類は多くあるので、シミに合った治療を行うことが大事なのと、クリニックとそこの医師の腕にも随分左右されるため口コミをしっかりチェックしていくのがいいでしょう。

一般的に、シミに効果があるQスイッチルビーレーザーの費用を紹介します。

hiyo2

1回の費用は、良心的な料金の設定なので安心ですね。あくまでも、これは相場なので、クリニックによって1ショットの範囲や料金が異なるので、あらかじめ、カウンセリングのときに、しっかりと費用面については、確認するようにしましょう。

基本的なレーザー治療の料金は「診察料+1ショットの費用×回数分の合計金額」です。診察料はクリニックにもよりますが、3,000円くらいが相場です。その他麻酔代、軟膏代などが別料金の所があるので、そういう細かい点もチェックしましょう。

また、レーザー治療はシミの大きさにもよりますが、数回通ったあと、飲み薬も併用することがほとんどなので、処方箋代も必要になります。通常なら、2~3mmくらいのシミ3つ消したい場合は、費用は1回15,000円ほどですみます。

通常は数回通うことが多いので、トータルで数万円かかるのが相場です。1回で充分な効果が感じられることもありますが、その場ですぐにシミが消えるものではなく、かさぶたになって、とれるまで、時間がかかりますので、その後の予約をしていきます。

1回の治療でシミがとれれば完了なので、次回診察だけしてもらって終わりとなり、リーズナブルな治療になりますね。ほくろや老人イボの場合は通常のシミやそばかすに比べて、同じ直径でも2割増しの料金になっています。

そばかすの場合は照射範囲が広いので少し費用がかかって、1回3~5万円程度の予算を考えておいた方がよさそうです。特殊なアザなど以外は、基本的にシミのレーザー治療での保険適用はされません

でも一部のクリニックでは保険適用と自費診療を組み合わせた「混合診療」をしているところもあるそうです。

原則としては医療行為以外は禁止されているので、安いサロンを選んでしまうと効果が弱くてあまり意味が感じられなかったり、肌に余計なダメージを与えたり、など困ったトラブルになり兼ねないので、よく注意しましょう。

料金と施術内容を明確に公開しているクリニックや、営業期間が長い医院を選ぶのがコツですね。
 
 
 
 

あわせて読みたい関連記事:

ヒト型セラミド入り化粧品の効果
ヒト型セラミド入り化粧品の効果やセラミド成分の種類とその違いのまとめ。