保湿クリームでアトピー肌の注意!

通常の保湿クリームには、尿素が入っていることも多いのですが、アトピー肌の人が尿素入りのクリームを使うと、肌にぴりぴりとしみてしまうことがあります。

世界特許ナノ化成分ですから、アトピー肌の人は、尿素が入っていないものを選ぶのがオススメ。

また、保湿クリームを塗っても、朝塗ってから一日経つとその成分が酸化してしまいます。

酸化したものや、汚れたものはアトピー肌の大敵となるのでこまめに洗い流すことも必要です。

アトピーぎみの人のスキンケア選びのポイント

  • 尿素入りでないものを選ぶ
  • 自然由来成分が豊富に入ったものを選ぶ
  • あまりベタベタしているものは使用をさける。
  • クリームを洗い流すときは、ゴシゴシこすらないようにする。タオルもやわらかいものを用いる。

肌にしっかり脂分がすりこまれているとなんだかよく効きそうな気もするのですが、あまりカバー力がありすぎると今度は肌そのものがもつ再生力をおさえてしまいます。

程よい仕上がりのものを選ぶのがポイントで、少量でも効果的な成分がナノ化されているものを選びましょう。

アンチエイジングスキンケアがアトピー肌に効果大!
エイジングケア(本製品2)

あわせて読みたい関連記事:

ヒト型セラミド入り化粧品の効果
ヒト型セラミド入り化粧品の効果やセラミド成分の種類とその違いのまとめ。